1. TOP
  2. 美容・コスメ・ビューティー
  3. 30代40代の乾燥性敏感肌におすすめのクレンジングはコレ!

30代40代の乾燥性敏感肌におすすめのクレンジングはコレ!

無印良品オイルクレンジング

「クレンジングを選ぶのって難しい!」と思ったことはありませんか?肌に負担がかかるクレンジングは避けたい。かといって、メイクが落ちないのでは困る。30代になり、乾燥性敏感肌になった私がようやく出会えた理想のクレンジングは、無印良品の「オイルクレンジング・敏感肌用」です。オリーブオイルをメインに使い、しっかりメイクを落としながらも肌に優しいクレンジングです。
「オイルクレンジングなのに肌に優しいの?」と疑問に思った人は、是非続きを読んでみてください!

950円の無印良品オイルクレンジング・敏感肌用が優秀過ぎる!

私は30代になってから乾燥性敏感肌に悩むようになりました。

ある時、クレンジングを見直そうと思い立ち、まずは“肌に優しい”イメージのあるジェルクレンジングを選んでみました。

でも、「優し過ぎてメイクが落ちない!(涙)」というトラブルに行き当たり、次はあるメーカーのオイルクレンジングに変更しました。すると、メイクは落とせるようになったものの、乾燥肌が悪化してしまいました。(涙・涙)

そこで私は、メイクがきちんと落とせて、かつ肌への負担が少ないクレンジングを選ぶために、化粧品成分について勉強することにしました。

そうして半年前にたどりついたのが、無印良品のオイルクレンジング・敏感肌用です。

今回は、私がおすすめする無印良品オイルクレンジング・敏感肌用の特徴や、クレンジング選びのポイントについてお伝えします。

 

クレンジング選びのポイント3つ

 

まずはクレンジング選びのポイントです。クレンジングは以下の3点を意識して選ぶのがおすすめです。

・クレンジングの種類

・オイルクレンジングに含まれるオイルの種類

・界面活性剤について

クレンジングの種類

クレンジングの種類は次の4つに分けることができます。特徴も併せて紹介します。

<オイルクレンジング>

・オイルが主成分

・オイルを水で流すための界面活性剤を配合している

・メイクを落とす力が強い

 

<クリームクレンジング>

・オイルが主成分

・オイルクレンジングよりも水分が多い

・界面活性剤を配合している

・オイルには劣るものの、メイクを落とす力は強め

 

<ミルククレンジング>

・クリームクレンジングよりもさらに水分量が多い

・オイルと界面活性剤を配合している

・メイクを落とす力は弱めで、濃いメイクは落ちにくい

・ナチュラルメイクの人に向く

 

<ジェルクレンジング(リキッドクレンジング)>

・水が主成分でオイルを含まない

・界面活性剤を配合している

・メイクを落とす力はかなり弱め

・ごく薄いメイクの人に向く

 

それぞれ上記のような特徴があります。

メイクを落とす力が一番強いのはオイルクレンジングで、次にクリームクレンジング、ミルククレンジング、ジェルクレンジングと続きます。

メイクの濃さなどに合わせて選ぶのも良いかもしれませんね。

私が使っているのはオイルクレンジングになりますが、オイルクレンジングならどれでもいいというわけではありません。次はオイルクレンジングに含まれるオイルの種類を見てみましょう。

 

オイルクレンジングに含まれるオイルの種類

オイルクレンジングには、実に色々なオイルが使われています。

おすすめは以下のオイルです。

・オリーブオイル

・アルガンオイル

・コメヌカ油

・マカダミアナッツオイル

・アボカドオイル

これらは肌になじみやすい他、肌に必要な油分を残しつつメイクはきちんと落としてくれる、つまり肌への負担が少ないのが特長です。

逆に乾燥肌や敏感肌の人にあまり向いていないのは、ミネラルオイルが多く配合されたものです。

ミネラルオイルは、特に低価格のオイルクレンジングによく使われています。

油を落とす力がとても強いので、メイクが落としやすい一方で、肌に必要な油分まで落としてしまうため、乾燥を招きやすくなります。

界面活性剤について

多くのクレンジングには界面活性剤が配合されています。

「界面活性剤は肌に悪そう」と心配する人も多いですが、化粧品に使われている界面活性剤は、洗剤に使われている界面活性剤と種類が異なります。

多くの化粧品に使われる界面活性剤は、低刺激の非イオン界面活性剤であると言われているため、過剰な心配はしなくても良いようです。

 

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用の配合成分

写真だと少し見づらいですが……、無印良品オイルクレンジング・敏感肌用の配合成分は以下の通りです。

オリーブ油、パルミチン酸エチルヘキシル、テトラオレイン酸ソルベス-30、ポリソルベート80、オレイン酸ソルビタン、水、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリセリン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、トコフェロール、BG

化粧品の成分は配合量が多い順に記載するという決まりがあります。(※ただし、1%以下は順不同)

つまりこの商品には、メイクをしっかり落としながら肌への負担が少ないオリーブ油がもっとも多く配合されていることが分かります。

他にもこんな特長があります。

・うるおい成分のグレープフルーツ種子エキスを配合

・肌を保護するスベリヒユエキスを配合

・香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールは不使用

 

使い始めてからの肌の変化

私は半年くらい前から無印良品オイルクレンジング・敏感肌用を使い始めました。

一番よかったと思うのは、メイクがきちんと落とせるのに肌が乾燥しにくくなったことです。

ただ、秋冬は空気が乾燥することで、どうしても肌が乾燥しやすくなってしまうので、クレンジングの後は化粧水やクリームでしっかり保湿をしています。そうすることで、カサカサの粉をふいた肌にならずに済んでいます!(^^)!

 

使用感について

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用は、見た目もオリーブオイルみたいな色をしていますが、匂いもほのかにオリーブオイルです(!)。

私はオリーブオイルが大好きで、料理にもしょっちゅう使っているせいか、この匂いが全く気になりません。でも、人によっては苦手に感じる人もいるようです。このあたりは後ほど口コミでもチェックしたいと思います。

しっとりした使用感も良く、クレンジングを使った後も肌がつっぱる感じがないので安心して使えます。

また、写真の通りボトルには目盛りが記載されてあるので、残量が何mlかが一目で分かります。

無印良品がヒットしている理由は、利用者へのこうした気遣いがちりばめられている点にあるのかもしれませんね♪

 

オイルクレンジングの正しい使い方

オイルクレンジングは、そもそも正しく使わなければ意味がありません。

以前の私はかなり短時間でクレンジングをしていたのですが、最近になって、実は洗い足りていなかったらしいことが判明しました(^^;)

ここで正しいオイルクレンジングの使い方についてもおさらいしておきましょう!

 

<オイルクレンジングの使い方>

1.商品に表記してある量のオイルクレンジングを手に取る。

2.両手で顔全体にオイルクレンジングをなじませる。

3.額からこめかみに向かって両手でクルクルらせんを描くように指を動かす。

4.3と同様に、頬の内側から外側へ、顎からフェイスラインへとクルクル指をすべらせる。

5.鼻や目もと、唇のまわりもなでるように指を動かしていく。

6.水かぬるま湯でよく洗い流す。

しっかりアイメイクをしている人は、先に専用メイクリムーバーで落としておきましょう。

また、オイルクレンジングの量はケチってはいけません。きちんとメイクを落とすために、表記している量を使うことが大切です。

ちなみに無印の商品には「適量」としか書かれていないので、私は3プッシュ分手に取って使っています。

 

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用の口コミ

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用は、化粧品の口コミサイト、@cosmeでも人気です。

敏感肌でしっかりメイクもきちんと落とせるクレンジングを探していた時、オイルクレンジングが負担が少ないと知ってこちらの商品を知りました。専科のオイルクレンジングに比べるとくすみは一掃出来ませんが、クリームクレンジングよりスルスル落とせて良いです。 (44歳女性 乾燥肌)@cosme

一方で、やはりというべきか、このような口コミもありました(^^;)

クレンジングでよく感じる刺激はなく、ポイントメイクもしっかり落ちるし、洗ったあとのカサつきもありません。私の肌にはとても合います!ただ、手や顔が濡れているとメイクは落ちません(^^; 低刺激なクレンジングをお求めの方はかなりおすすめです♪あと、コスパ最強! (27歳女性 混合肌)@cosme

匂いは好みが分かれるようですね。私のようにオリーブオイルが好きで料理によく使う、という人には問題なく合うと思います!

 

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用の価格と購入方法

無印良品のオイルクレンジングの価格と購入方法はこちらです。

価格 950円(200ml)、携帯用390円(50ml)
購入できる場所 無印良品店舗、公式通販、ファミリーマート

主成分がオリーブオイルでありながらこの価格はお値打ちといえるでしょう。

購入方法については、「わざわざ無印のお店まで買いに行くのは面倒」という人は、通販かファミリーマートで買うのがおすすめです。私は断然、近所のファミマ派です!

 

クレンジング迷子から卒業しよう!

無印良品オイルクレンジング・敏感肌用を紹介してきました。

また、クレンジングには4種類あり、それぞれ成分の配合量やメイクを落とす力が異なることも見てきました。

私はナチュラルメイク派ですが、肌への負担が少ないという理由から、オイルクレンジングを愛用しています。

自分に合うクレンジングが見つかると毎日のスキンケアが楽になり、さらにメイクも心から楽しめるようになります♪

クレンジング選びで迷っている人は参考にしてみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

lalulu(らるる)スキンケアとヘルスケアの情報サイトの注目記事を受け取ろう

無印良品オイルクレンジング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

lalulu(らるる)スキンケアとヘルスケアの情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ely